アンテナの種類と工事内容

アンテナは適材適所で設置しよう

地デジ放送電波を受信するには、UHFアンテナが必要です。UHFアンテナには、八木式アンテナ・平面アンテナ・室内アンテナがあります。 八木式アンテナは、一般家庭の屋根に乗っている魚の骨状のアンテナです。屋根の上に屋根馬という4本の台座を置きその上にアンテナを立てて四方からワイヤーで固定します。高い位置に取り付けるので電波は受信しやすいですが、高所作業になり危険を伴います。 平面アンテナは、家の壁面に穴をあけサイドベースという金具で固定します。取り付け位置が低くなるために電波の受信がし難くなり、ブースターが必要になることがあります。 その他に、屋根裏にアンテナを設置する方法があります。新築時に直接設置するか、既製の家では屋根裏に入って取り付けます。また、室内アンテナは、コンパクトで室内に置いて使用できるために設置工事いらずです。

アンテナ工事業者選びも自分の裁量のうち

アンテナ工事を依頼する場合は、豊富な知識と経験、技術を持ち合わせているアンテナ工事専門業者に依頼することです。良い業者とは、工事を依頼したときに対応が敏速で、事前の話し合いのときにしっかりとした説明と見積もり書を作成し、アフターフォローも充実している業者です。
工事の全体的にかかる費用のことばかりを押し付ける業者、極端に安い費用を提示する業者は避けるべきです。できれば近所で近々アンテナを設置した友人や知人がいればその人の経験話を聞いて参考にするのも、よい業者を選ぶ方法の一つですよね。
また、地域密着型の業者がいれば、その地域の気候風土を熟知しているので、そこに話を持ち込むことも業者選びで失敗しない方法と思います。